かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび

東京・大阪・名古屋・福岡で人気のヒアルロン酸注入クリニック比較!

お近くの地域から、行ってみたいクリニックを選んでみる

胸のヒアルロン酸注入

女性イラスト

胸へのヒアルロン酸注入について、施術方法や特徴、口コミでの評判などをまとめています。

胸が小さい:みんなの悩み

悩んでいるのは自分だけじゃない!ネット上の声を集めてみました。

  • ダイエットをしたら、もともと小さい胸がさらに小さくなっちゃった!胸は大きくなりたいけど、ほかの部分はもう太りたくない。
  • Aカップもないくらいの貧乳がコンプレックス。普段はいいけど、友達や彼氏と海水浴や温泉に行くのが憂鬱。
  • 母乳で育てたからか、出産後に胸がとても小さくなっちゃった。子供にまで「ママはおっぱいがないね」って言われて大ショック…。
  • 普段はブラでごまかしてるけど、実は貧乳でずっと悩んでる。豊胸したいけど手術は怖いし、いかにも「整形しました」って感じの胸にはなりたくない。

ヒアルロン酸注入で手軽にプチ豊胸

胸のヒアルロン酸注入は、さりげなくサイズアップしたり、バストの大きさや形を整えたりする「プチ豊胸」として人気があります。海に行く予定がある時や、薄着になる時期などに、一時的でいいからバストアップしたいと、この施術を受ける人も多いようです。

胸への注入は、硬いヒアルロン酸を使用するのが一般的で、持続期間は1年程度とされています。メスを使わないので安全性よし。ダウンタイムもほとんどないので手軽に受けられるのがメリットです。

大体の目安としては、片胸に100ccのヒアルロン酸を注入すると、1カップも大きくなると言われています。ヒアルロン酸による豊胸は、仕上がりの感触を考慮して、「片胸100ccまで」と上限を設けているクリニックが多いです。

胸へのヒアルロン酸注入の注意点

ヒアルロン酸は10ccあたり3万~4万円が相場なので、両胸で200cc注入する場合、費用が60~80万円ほどかかることに。また、繰り返し注入すると、ヒアルロン酸のゴリゴリした硬さが出やすくなったり、しこりが残ったりすることもあるようです。

そのため、長期的に効果を得たい場合は、脂肪注入やシリコンバッグなど、他の豊胸術に切り替えた方が賢明でしょう。とは言え、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸は、手軽で安全性も高いことから、一時的にバストアップしたい人や、まずは気軽に試してみたい人にはおすすめです。

胸へのヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

ヒアルロン酸注入で胸を大きくすることのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

  • 体に傷跡が残らない
  • ヒアルロン酸は体内にある成分なので安全性はとても高い
  • 細かいデザインが可能
  • 見た目が自然な仕上がり
  • 人から見て整形したことがわかりにくい
  • 1カップくらいのバストアップが手術なしで実現
  • 施術時間は30分程度で済む
  • ダウンタイムがほぼない

デメリット

  • 効果の持続期間は約1年程度
  • しこりが出来た場合、乳がん検診で毎回指摘を受ける可能性もあり
  • ヒアルロン酸は注入量に限界がある(片方の胸に100ccくらいまで)
  • バストの形や大きさに左右差が出る可能性がある
  • 何度も施術を繰り返すと、その他の豊胸術よりも費用が高くなることがある
  • 繰り返し注入を行うと費用が高くなる
  • ごくまれに、患部が細菌感染して化膿することがある
  • 医師の技術・センスによって結果が左右されやすい

ヒアルロン酸注入でのバストアップは、その手軽さと価格の安さで多くの女性に人気があります。ですが、ヒアルロン酸豊胸は永久的な効果があるわけではないので、結局はインプラント挿入を行うことになる患者さんも多いそうです。 ですが、一時的にでいいからバストを大きくしたい、という方にはとてもいい方法です。 メリット・デメリットの両方を理解し、自分の希望に合う方法かどうかを見極めた上で施術を受けるようにしましょう。

胸へのヒアルロン酸注入の口コミ評判、体験談

  • さりげないサイズアップではありますが、ハリがあって形の良いバストになりました。身体にフィットする服を着ると、シルエットがキレイに出ます。
  • 片胸に100ccずつ注入しました。少し硬さが気にはなりますが、授乳後にしぼんでしまったバストが大きくなって嬉しかったです。
  • 顔のヒアルロン酸注入は時々受けていますが、胸は今回が初めてです。施術後2~3日は筋肉痛のような痛みがありましたが、コンプレックスだった胸がキレイにサイズアップしたので、やってよかったです。

胸が小さいことでお悩みのFさんの場合・・・

ヒアルロン酸注入を決意するまで

都内在住のFさん(25歳・受付)もヒアルロン酸注入を受けた女性です。 結婚式を控えていたFさんですが、胸が小さくてハリがないため、ずっと憧れだったウェディングドレスをきれいに着こなせないことで悩んでいました。 一生に一度の結婚式なので絶対妥協したくない!と思い、豊胸に踏み切ったそうです。効果は一時的なもので構わないのでヒアルロン酸注入を選んだとのこと

そこで、一大決心して整形も考えたそうですが、やはり抵抗感が拭いきれずに断念。以前から知っていたヒアルロン酸注入であ ごのラインを整える方法に変更したようです。

ヒアルロン酸を注入した感想

「施術後は1週間ほど筋肉痛のような痛みがあったけど、動けないほどの痛みじゃないので大丈夫でした。谷間を作りたかったので内側に多めに入れてもらって理想通り。胸元の開いたドレスも自信をもって着られます!」 と、とても嬉しそうに話してくれたのが印象的でした。

Bさんが注入したヒアルロン酸の詳細

Fさんはカウンセリングを受け、後日別の日に施術を受けました。 施術はヒアルロン酸を注入する部分を数ミリだけ切開したそうですが、縫合はせずテープを貼っただけなので抜糸はなしです。(縫合した場合は1週間後に抜糸のため通院しなくてはいけない)施術時間は30分程度で完了です。

ヒアルロン酸の注入量は今回100cc(両胸合わせて)。 「ハイアコープ」というヒアルロン酸を使用しました。ハイアコープはシワ用ヒアルロン酸の10倍も大きな粒子なため、効果の持続性が高いという特徴があります。(持続期間は2~3年)手で触った感触も柔らかで、自然な仕上がりが人気です。 豊胸に適したヒアルロン酸はこのほか、 米国FDA認可も受けている大きめの粒子で吸収速度が遅く豊胸にはピッタリのマクロレーンや持続期間が5年以上期待できる低吸収ヒアルロン酸、持続期間は2年程度とされ豊胸によく使用されるレスチレンSUB-Q(手触りは固め)などがあります。

今回のFさんのヒアルロン酸注入豊胸は27万円だったようです。 費用相場としては、片胸に50ccずつ入れて合計100ccの場合30~40万円くらいが平均的な価格といわれています。もっと安いクリニックもありますが、その場合はヒアルロン酸の品質や医師の腕に疑問があるので要注意。なぜ安くできるのかを確認し、納得できる理由かどうかを判断しましょう

ヒアルロン酸を注入~その後~

ちなみに、Fさんは「ウェディングドレスをきれいに着られれば満足」とのことでしたから、1度の施術で十分だということでした。

胸へのヒアルロン酸の失敗例インタビュー

「胸が小さすぎることにずっと悩んできました。豊胸手術についてはかなり調べましたが、ダウンタイムがきつそうだし仕事も休めません。ヒアルロン酸注入はダウンタイムを取らなくてもいいというのが魅力でした。 大手クリニックでカウンセリング・施術を受け、見た目は少し大きくなったかなという程度にバストアップできました。

ところが予想外だったのがヒアルロン酸の硬さ。触ると明らかに自分の胸の感触とは違います。体の他の部分の脂肪の触り心地と違うので、触られたら豊胸ってバレてしまうと思います。 見た感じはわりといいので、ヒアルロン酸を溶かす注射などはしませんでしたが、やっぱりバッグにすれば良かったかな…なんて思ってしまいました。ヒアルロン酸なので徐々になくなっていくところが救いでしたね。

また、カウンセリングがすごくあっさりだったのも気になりました。もっと仕上がりについて詳しく教えて欲しかったです。もっと色々なクリニックで話を聞いていたら、結果が違ったのかもしれません。」

注入系の治療は簡単だからと、あまり説明をしてくれないクリニックもあるようです。使用するヒアルロン酸の特徴や仕上がりがどうなるのか等、きちんと説明してくれるクリニックは安心できます。 また、豊胸は医師のセンスによっても結果が変わります。 これまでの施術例などを参考に、自分の理想のバストに近い結果を出している医師を選びましょう。

地域別オススメ!
ヒアルロン酸注入クリニック6選

 
かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび