かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび

東京・大阪・名古屋・福岡で人気のヒアルロン酸注入クリニック比較!

お近くの地域から、行ってみたいクリニックを選んでみる

口周り(顎)へのヒアルロン酸注入

女性イラスト

顎へのヒアルロン酸注入について、施術の内容や効果をまとめています。施術者の体験談もご覧ください。

顎なしさん:みんなの悩み

悩んでいるのは自分だけじゃない!ネット上の声を集めてみました。

  • あごがないのが私のコンプレックス。横顔がきれいな人に憧れているけど、骨格だからどうしようもない。
  • 口元がちょっと出てて目立つのが悩み。もう少しあごがふっくらしてたらバランス良くなるのにな…
  • あごが小さすぎて口元が目立っているのが気になる。ほかの人にはあまり理解されないけど、結構真剣に悩んでる。
  • 憧れの顔って思う人は、大体あごのラインが整ってる。口元がキレイに整っている顔って上品に見える…

顎へのヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

日本人は骨格的にあごが引っ込んでいることが多いので、ヒアルロン酸注入であごのラインを整えたいという方も多いようです 。これから施術を受けたいと考えている方は、あごにヒアルロン酸注入をすることで得られるメリット、デメリットを確認しておきましょう。

メリット

  • 体に負担が少なく、ダウンタイムも短い(ほとんどない)
  • 骨を削ったりプロテーゼを入れる大がかりな手術をしなくても、理想の輪郭を手に入れることができる
  • ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので安全性が高い
  • 徐々に吸収されて元通りになるので、お試し感覚で輪郭を変えられる
  • ヒアルロン酸を注入した部分は小ジワが伸びるので、肌自体が若返ったように見える効果がある
  • あごがシャープになるので小顔に見える
  • 横顔が美しくなる
  • 顔のバランスが良くなり、美人に見える効果が期待できる

デメリット

  • 効果は永久ではない(通常数か月程度でもとに戻る)
  • 効果を維持するためにいは繰り返し注入をし続けなければいけない
  • あごへの注射は内出血が起こりやすい
  • 施術直後は針穴が目立つことがある
  • ヒアルロン酸に混ぜ物をしている場合は、しこりが残る可能性がある
  • 繰り返し注入を行うと費用が高くなる
  • あごは人目につきやすいので、仕上がりが不自然だと目立つ
  • 骨を切って顎を出す手術よりは見た目の変化が少ない

ヒアルロン酸注入はいつかは元に戻ってしまう施術ですが、あごなどのフェイスラインをいきなり本格的な整形手術で変えてしまうと、自分の顔の変化についていけずに後悔する方もいらっしゃるようです。 どうしてもあごのラインを変えたい方は、まずはヒアルロン酸注入で様子を見る、という方法も検討してみると良いと思います。

顎へのヒアルロン酸注入の注意点は?

ヒアルロン酸を顎に注入することで、顎を出したり、輪郭をシャープに見せたりもできます。使われるのは、硬めで形を維持しやすいヒアルロン酸です。硬いヒアルロン酸の持続期間は、6~8ヵ月程度。

注意点として、顎には大きめの筋肉が付いていて血流が多いため、内出血が多少起こりやすいことも。念頭に置いておきましょう。

ヒアルロン酸注入以外でシャープな顎にする方法としては、持続期間が比較的長いレディエッセの注射や、永続性のあるプロテーゼを入れる手術などがあります。安全性を重視する方や、いきなりプロテーゼを入れるのに抵抗がある方には、手軽に受けられるヒアルロン酸注入がおすすめです。

また、顎にできる梅干しのようなシワに、ヒアルロン酸を注入することもあります。しかし、顎の筋肉の緊張によって梅干しジワができている場合には、ヒアルロン酸注入よりも、ボトックス注射が向いていることもあるようです。顎のシワにお悩みの方は、ぜひクリニックへ相談してみてください。

口周りへのヒアルロン酸注入の口コミ評判、体験談

  • ほうれい線と共に、口周りのマリオネットラインも気になってきたので、ヒアルロン酸注入を受けることにしました。コンプレックスになりつつあった凹みが目立たなくなって嬉しいです。
  • ダウンタイムがほとんどないと聞き、初めてのヒアルロン酸注入を受けました。ドキドキしている間に、いつのまにか施術が終了。顎の自然な仕上がりに満足しています。

顎が後退していることでお悩みのOさんの場合・・・

ヒアルロン酸注入を決意するまで

都内で歯科助手をしているOさん(26歳)も、あごに悩みを抱えていた女性の一人です。仕事がら、口周りを日頃からよく見ている分、美人の条件はきれいな横顔だとつくづく思っていたそうです。 Oさん自身も目元がパッチリしているお顔立ちですが、あごが少し後退ぎみなので、いわゆるマスク美人と揶揄されることも多いの だとか。

そこで、一大決心して整形も考えたそうですが、やはり抵抗感が拭いきれずに断念。以前から知っていたヒアルロン酸注入であごのラインを整える方法に変更したようです。

ヒアルロン酸を注入した感想

「仕上がりがすごく自然でいいです!整形したことなんか誰にもバレませんでした。施術後に姉とごはんを食べにいったけど、全然気づかれなかったです。でも、横顔のラインが変わったのは自分ではよくわかります。」との感想でした。 平日の仕事帰りに施術したそうですから、ダウンタイムがないというのは本当のようですね。

Bさんが注入したヒアルロン酸の詳細

今回、0さんは1cc(注射1本分)のヒアルロン酸を注入しました。 ヒアルロン酸の種類は、鼻やあごのプチ整形によく使われている「ジュビダーム」です。ジュビダームは厚生労働省認可の安全性の高いヒアルロン酸なので、初めてヒアルロン酸注入を受ける方はこれを選ぶと良いとも言われていますね。 あごへの注入に向いているヒアルロン酸は他にも、隆鼻術やあごの形成など、デザイン性が求められる厚生労働省認可済のレスチレンパーレーンや高濃度のヒアルロン酸で弾力性があり、周りに流れにくいのが特徴のクレヴィエルなどがあります。

Oさんの施術にかかった費用は75,000円ほど。個人クリニックで施術を受けたようです。あごのヒアルロン酸注入は人によって注入量にかなり差があり、ちょっとあごを出したいという程度なら1cc(1本)、大きくあごを出したい場合は2、3本必要になることもあります。 費用相場としては5万円~10万円程度と考えておくと良いでしょう。

ヒアルロン酸を注入~その後~

さて、Oさんですが、ヒアルロン酸を入れたあごのラインが好みだったようで、今後はプロテーゼを入れる手術も考えているそう です。

顎へのヒアルロン酸の失敗例インタビュー

「元の顔は本当に あごがない!って感じだったので、ヒアルロン酸を何度か入れたことがあります。注射するだけでコンプレックスだったあごのライ ンが整うなんて最初は信じられない気持ちでした。施術後に鏡を見るのが嬉しくて、Eラインが少しでも崩れてきたら注入してもらっていました。ですが、何度も繰り返したのがいけなかったのか、だんだんあごが太くなってしまったんです…。 なんか、明らかに最初のころの仕上がりとは違う感じになりました。 何度も入れたせいなのか硬くなってしまった部分もあって、これは修正は難しいかもなと思ったのですが、先生に相談して溶解注射 を打ってもらったらなんとか元に戻りました。今はお休みしていますが、ずっとあごがないことが嫌だったのでヒアルロン酸注入をしたことは後悔していません。ですが、完璧な整形方法とはやっぱりちょっと違うんだなと思いました。 あと、私の先生は対応も技術もちゃんとした人でしたが、私の友人はあまりいい先生にあたらなかったみたいで、何回かクリニックを変えていました。クリニックによって結構差が出るみたいです。」

あごのヒアルロン酸注入では、効果が出にくい・しこりができる・あごが太くなる、などの失敗例があるようです。 どの部分にどのくらいの量を注入するのかで仕上がりや持ちが変わってくるため、知識・経験・実績のきちんとした医師のもとで施術を受けることが肝心です。また、ヒアルロン酸を打ち続けることのリスクについても考えてくれる医師を選びましょう。

 
かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび