かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび

東京・大阪・名古屋・福岡で人気のヒアルロン酸注入クリニック比較!

お近くの地域から、行ってみたいクリニックを選んでみる

鼻を高くする施術として人気のヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注射

スッと高い鼻はみんなの憧れ。コンプレックスに思っている方も多いですよね。でも、鼻の整形はメスを入れるし異物を入れるから怖苦て踏み出せないという方もいるでしょう。そこで最近人気なのが鼻のヒアルロン酸注入。

ヒアルロン酸は注射を打つだけの施術ですから、手術の傷跡は残りませんしダウンタイムもほとんど必要ありません。仕事をしながらでも手軽に鼻を高くしたり鼻筋を整えたりできるので、長期休みがとりにくい方にもおすすめできます。

施術自体は、カウンセリング後当日中に受けられます。麻酔をしてヒアルロン酸注入が完了するまで、施術時間はわずか10分程度。効果は約1年程度継続し、ゆっくりと体内に吸収されていきます。

ヒアルロン酸注射と相性の良い悩み

ヒアルロン酸を鼻に注入することで鼻を高くすることができますが、メスを入れる手術よりもある程度効果は限られてきます。

ヒアルロン酸注入が最も向いているのは、鼻根部(目と目の間)を高くしたいというお悩みです。鼻根部の皮膚はある程度ゆとりがあり、ヒアルロン酸を注入しても仕上がりが不自然になりにくいのです。

実際のところ、多くの患者さんがこの部位への注入を希望するようです。

また、鷲鼻を治したいという人も、鼻根部にヒアルロン酸注入をすることで鷲鼻を目立たなくすることができます。

ヒアルロン酸注射に向かない鼻

一方、ヒアルロン酸注入が向かない鼻の部位もあります。

例えば、鼻尖部(鼻先)。鼻尖部は皮膚が厚く、ほとんど皮膚に余裕のない部分です。

ヒアルロン酸注入は比較的皮膚に余裕のある部分(触ると動く部分)に向く施術ですから、皮膚に余裕のない鼻尖部への注入は向いていないのです。

少量であれば注入も可能かもしれませんが、それだとあまり効果が得られないケースがほとんど。無理に沢山入れるとかえって不自然に見えたり、鼻先が広がって太くなってしまったりする恐れがあります。

鼻へのヒアルロン酸注射の施術の流れ

ここからは施術の流れをご紹介します。

まず、患者さんは横になった状態でスタンバイします。次に、医師が極細の針のついた注射を使って鼻の根元にヒアルロン酸を注入していきます(事前に麻酔クリームを塗っているので痛みはあまりありません)。

注入が終わったら、医師がバランスを見ながら指で鼻をつまむようにして高さや形を整えます。ここまでの作業で約1~2分くらいです。1回目の時点で注入量0.4ccくらい、このくらいだととても自然な変化です。

ある程度入れ終わったら、患者さんは体を起こし、渡された鏡を見て自分の完成した鼻の高さや形を確認。

「今○○ccくらい入れました」「腫れが収まると1割くらい低くなりますが、ほぼ完成形です」「控えめな方が気付かれにくいですが、もう少し注入しますか?」 と医師が調整してくれるので、もうちょっと入れたいなと思ったらここで追加もできます。

いきなり1本全部注入すると修正しにくくなるので、少しずつ入れてもらえるのが一般的です。鼻の場合は入れ過ぎると不自然になってしまいますから、0.5ccくらいを目安にするといいかもしれません。少しずつ注入し、その都度患者さんが鏡で確認しながら希望の高さになるまで注入を繰り返していきます。

患者さんの理想の高さになれば施術は終了。ここまでで大体5分、長くても10分くらいの所要時間となるでしょう。

その後は5分くらい患部を冷やし、問題がなければメイクをして帰宅できます。術後は安静にしていなければいけないということはないので、クリニックを出たらそのままショッピングた遊びにいってもOKです。

ヒアルロン酸注射以外の施術

鼻を気軽に高くするヒアルロン酸注射ですが、半永久的な効果は期待できません。

半永久で効果を得られるのは、プロテーゼが代表的な施術になります。

プロテーゼ

鼻を全体的に形よく高くしたいのなら、シリコンプロテーゼを挿入するという選択肢もあります。プロテーゼは、一人一人の希望に合わせて形成したものを鼻の穴の内側から挿入するので、傷跡も目立ちません。施術時間が30分程度と短いですし、効果が半永久的なのもポイントです。

プロテーゼは、まずどの程度の高さがいいか患者さんに確認し、鼻の形に合うように削って作成します。施術は30分と書きましたが、このほとんどの時間はプロテーゼを削る時間に費やされます。(患者さんの鼻に触る時間は5~10分)

挿入後は、患者さんに確認してもらって必要なら削り直し、希望の高さに整えて完了です。

なお、プロテーゼの挿入位置は鼻骨と骨膜の間です。これがもし骨膜上に挿入された場合、プロテーゼがいつまで経っても安定せず、触ると動く状態が続きます。失敗例として「術後プロテーゼが動いてしまう」という声を見かけますが、プロテーゼの挿入位置を間違うことでこの症状が起こっているのです。

そして、プロテーゼを鼻先に入れることもNGです。これをやると数年後に鼻先の皮膚を突き破ってプロテーゼが出てきてしまうことがあります。

I型プロテーゼ

東洋人が鼻を高くしたいという場合、ほとんどの人は鼻根部に高さが足りていないことが原因で鼻の高さに不満を感じているケースが多いようです。

このお悩みであれば、I型プロテーゼを挿入して鼻筋に高さを出すことで解消できます。I型プロテーゼを入れた場合の鼻は、「鼻が高く、スッと通った鼻筋」に見えることが特徴です。また、鼻先に無理な負担がかからず、衝撃にも強いというメリットもあります。

ただし、I型プロテーゼで解消できないお悩みもあります。鼻先をツンと高くするには軟骨などのプロテーゼ以外の材料で補わなければいけませんし、鼻先の丸みを解消して細くしたい場合は鼻尖縮小術(鼻尖形成術)が必要となります。

簡単にいうと、I型プロテーゼは“鼻筋を通したい”という希望のある方に最適ということです。L型より安全性も高いので、ほとんどのケースでI型プロテーゼを使用するそうです。

L型プロテーゼ

I型プロテーゼでは難しいとされる“鼻先まで高くしたい”、という場合はL型プロテーゼを使用します。L型ならば鼻根部から鼻先、その先の鼻柱基部までプロテーゼが入るので、鼻先もある程度まで高くすることができます。また、I型より固定力が強いという点もメリットです。

術後の鼻の見え方としては、「先までしっかり高さのある西洋人のような鼻」といったところでしょうか。

ただし、L型プロテーゼで鼻先を高くするとリスクも出てきます。鼻先の皮膚に負担がかかってしまうため、何年か経つと鼻先からシリコンが露出してしまうということがあるのです。また、鼻下からの衝撃に弱いという特徴もあるので、スポーツをする方は注意が必要です。さらに、年月が経つとプロテーゼがだんだん上がってくるので、鼻先が上を向いてしまうこともあるそうです。

L型プロテーゼを使用する場合は、このようなリスクについても十分考慮することが大切です。

耳介軟骨移植

団子鼻・ブタ鼻・ワシ鼻など、鼻先を細くきれいに整えたい人には「耳介軟骨移植」が向いています。耳の後ろの見えない部分を2㎝ほど切開して耳の軟骨の一部を採取し、鼻先に移植して縫い合わせる方法です。鼻先への移植は、鼻の穴の中を3㎜程度切開して行うので傷跡はほぼ目立ちません。

移植場所を調整すれば、ある程度自由な形に仕上げられるところもポイントです。自分の組織を使うため、見た目や触り心地もとても自然。効果は半永久的ですし、衝撃やケガにも強いので術後の生活も安心です。

耳介軟骨移植は、鼻尖修正などと組み合わせることでより効果が高くなります。耳の傷が気になるかもしれませんが、切開は耳の裏側の付け根部分ですし、耳の形が変わることもないので他人に気づかれることはまずありません。

耳介軟骨移植の手術時間は30分程度となります。術後は5日間ギプスがつきますが、患部を避ければシャワーやお化粧は可能です。

なお、耳介軟骨移植はあくまでも鼻先に特徴のある人の調整術です。そのため、鼻先を細くしたい人は、この他の手術(鼻先の脂肪除去・軟骨切除・軟骨間縫合)と組み合わせて行うことが必要になります。これら一つ一つの手術の効果は小さいのですが、組み合わせることで最大限の効果を発揮できるとされています。

鼻中隔延長術

鼻の穴と穴の間の壁の部分を「鼻中隔」といいます。この鼻中隔の軟骨が小さいと、いわゆるブタ鼻になってしまいます。これを治すのに向いているのが、鼻中隔延長術という手術です。

自分の軟膏を採取し、鼻中隔軟骨に移植して鼻先を伸ばすので効果は半永久的。移植用の軟骨は、鼻(鼻中隔軟骨)や耳(耳介軟骨)、肋骨(肋軟骨)から採取したものを使います。どこから軟骨を採取するのかは、どの程度鼻を伸ばしたいのかにもよりますが、「外国人のような長さのある鼻にしたい」など、大きな変化を望む場合は肋軟骨を使うことが多いようです。

肋軟骨を使う場合はバストの下に3㎝くらいの切開した傷ができますが、時間の経過とともに目立たなくなります。

施術は、鼻の穴の中と鼻柱を切開(オープン法)し、採取しておいた軟骨を鼻中隔に固定して下方向に延長していき、最後に縫合して完了です。手術時間はどこから軟骨を採取するかによっても変わりますが、3~4時間程度。全身麻酔をして行われます。

鼻腔内と鼻柱の切開を行いますが、下から見ないとわからない部分なので傷跡は目立ちません。術後は1週間程度ギプスで固定しますが、腫れるのは主に鼻先だけなのでマスクをすれば完全に隠れてしまいます。鼻が完全に完成するは、施術から3か月後くらいになるようです。

鼻中隔延長術と耳介軟骨移植の違い

まず、耳介軟骨移植は耳から採った軟骨を使って鼻先を出す施術です。そして、鼻中隔延長術は耳の軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨を使って鼻先を出す施術です。一見どちらも同じように思えますが、手術の方法や効果などに違いがあります。

耳介軟骨移植

  • 使用する軟骨:耳から採った軟骨を使う
  • 目的や効果:鼻先を少しだけ出す・鼻先を上向きにする(アップノーズ)・鼻先をななめ下に向ける

鼻中隔延長術

  • 使用する軟骨:耳から採った軟骨/肋軟骨/鼻中隔軟骨を使う
  • 目的や効果:鼻先を大きく出す・鼻先を下向きにして鼻の穴を目立たなくする

鼻尖縮小(鼻尖形成)

いわゆるだんご鼻の方の場合、鼻に余分な脂肪がついていたり、軟骨の形が外に張り出していることが原因となっているので、ヒアルロン酸などで鼻根部に高さを出すだけでは不十分です。

そういったケースに向いているのが、鼻尖縮小術。鼻尖縮小術は、鼻の中の軟骨(鼻翼軟骨)をしばって中央に寄せたり、脂肪を切り取ったりすることで鼻先を細く整える整形手術です。

だんご鼻の原因はさまざまですが、特に軟骨が原因の場合はこの方法が大変有効だそうです。余分な脂肪や軟骨を取り除いてしまうわけですから、半永久的にすっきりと細い鼻先が手に入ります。また、手術は鼻の中を切開して行うので、人から見える場所に傷口はできません。鼻筋が通っていないだけでなく鼻先の丸みも気になる、という方や、高さは十分だけどもう少しすっきりした鼻になりたいという方は、鼻尖縮小術が適していると思われます。

小鼻縮小

小鼻縮小とは、上や横方向に大きく広がってしまった小鼻を小さくする手術のことです。小鼻を小さく目立たなくすると優しく女性らしい顔立ちになり、顔全体をすっきりと上品な印象に見せる効果も期待できます。

施術の方法には、内側から行う「内側法」と外側から行う「外側法」の2種類があります。

内側法は、鼻の穴の中を切開し余分な皮膚と組織を取り除いて縫合する方法で、小鼻の外側までは切りません。この方法だと大きな鼻の穴を確実に小さくすることができます。主に、「鼻の穴が大きく、小鼻の張り出しが少ない」という人に向いている方法となります。切開する時の傷は、鼻の穴の中から小鼻の付け根くらいまでなので、小鼻の外側に傷跡が残らないのがメリットです。

外側法は、小鼻の外側にある余分な皮膚と組織を切除し、縫合してしまう方法です。この方法では、外側に大きく張り出した小鼻を確実に小さくすることができますが、内側法のように鼻の穴を小さくする効果はあまりありません。なので、鼻の穴を小さくしたいという希望のある方にはあまり向いていない方法です。

一方で、「鼻の穴は大きくないが、小鼻の張り出しが強く外側に大きく広がった小鼻である」という人には大変有効な手術となるでしょう。傷跡は小鼻の外側の溝にそって切開するので、人から見ても気づかれにくいものになります。腕のいい医師が適切なデザインで施術すれば、ほとんどわからない程度の傷跡になります。

「鼻の穴が大きく、小鼻の張り出しも大きい」という方の場合、内側法と外側法を組み合わせた手術を行うことで、両方の効果を得ることも可能です。どの方法が自分の鼻に向いているのかは、実際に医師のカウンセリングを受け、相談して決めましょう。

 
かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび