かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび

東京・大阪・名古屋・福岡で人気のヒアルロン酸注入クリニック比較!

お近くの地域から、行ってみたいクリニックを選んでみる

ほうれい線へのヒアルロン酸注入

女性イラスト

ほうれい線やゴルゴ線へのヒアルロン酸注入について、シワができる原因や施術方法、体験者の口コミ評判などをまとめてみました。

ほうれい線・ゴルゴ線ができてしまう原因とは?

ほうれい線やゴルゴ線ができるのは、加齢による肌のたるみが主な原因。頬の脂肪がゆるんで垂れ下がることや、皮下脂肪が減ってくることで、肌に凹みが生じてしまっている状態です。加えて、年齢とともに肌の弾力がなくなって薄くなり、肌表面のシワも目立ってきます。

年齢以外に、間違ったスキンケアや急激なダイエットが原因となることも。また、ほうれい線は、「笑いジワ」とも呼ばれるように、笑顔も原因の一つです。

ほうれい線:みんなの悩み

悩んでいるのは自分だけじゃない!ネット上の声を集めてみました。

  • いつもは気にならないけど、笑うとほうれい線がすごく目立つ。もう思い切り笑えないのかな…
  • 会社の同期よりもなぜか老けて見られることが多くて…原因はどうやらほうれい線のせいみたい。
  • 40歳を過ぎてから急に老けたと思う。
    気を抜くとほうれい線が目立ってきて、自分でも鏡をみるとビックリしちゃう。
  • もうすぐ同窓会があるから少しでも若々しくキレイに見られたい!20年ぶりに会う友達や元カレに若いねって言われたいのに、問題なのはこのほうれい線…。ケアはしているけど、やっぱり間に合わないよね。
  • 出産後くらいから、顔のほうれい線が急に目立つようになってきたみたい。年々顔がシワっぽくなっていくのはどうにかならないのかな?

効果的なヒアルロン酸注入のポイントは?

ヒアルロン酸を注入して肌の凹みを内側から持ち上げることで、ほうれい線の解消が期待できます。ほうれい線には、中程度の硬さで弾力のあるヒアルロン酸をよく使うようです。皮ふの浅いところに注入すると、肌表面が凸凹になる可能性があるため、皮フの深いところから持ち上げるように注入していきます。10~15分ほどの短時間の施術で、すぐに見た目の変化を実感できるでしょう。

ゴルゴ線の場合は、目の近くの皮フが薄い部分には柔らかいヒアルロン酸、頬まで伸びているシワには中程度の硬さのヒアルロン酸が適しています。シワの凹みや肌の状態に合わせて、最適なヒアルロン酸の種類や量を見極め、ベストな仕上がりをデザインすることが可能です。また、ゴルゴ線が深い場合はリフトアップ手術、脂肪の膨らみが大きい場合は脂肪を抜くなど、ヒアルロン酸注入と他の治療方法を組み合わせることもあります。

ほうれい線ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

ヒアルロン酸を注入してほうれい線を解消するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • 施術直後から効果を実感できる
  • 他の施術方法よりも1回あたりの価格が安い
  • ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、安全性がとても高い
  • ダウンタイムがほとんどないので、仕事や学校を休まなくても良い
  • 施術時間が10分程度と短時間で済む
  • ヒアルロン酸は体内に徐々に吸収されるので、万が一仕上がりが気に入らなくても元に戻る
  • 施術が比較的簡単なので失敗リスクが低い
  • 劇的な変化がない変わりに仕上がりがとても自然
  • メスを入れる手術ではないので気軽に受けられる

デメリット

  • 医師の腕によって仕上がりが変わる
  • 効果を維持するには定期的な施術が必要
  • 施術には多少の痛みを伴う(希望者には麻酔も可)
  • 内出血が出ることがある(高齢になるほど起こりやすい)
  • 注入した部位以外はそのままなので、目じりのシワや眉間のシワがかえって目立つことがある
  • しこりが残ることがある
  • 打ち続けると針穴が目立つことがある
  • 注入後に治療部位が膨らむので、不自然に見えることがある

ほうれい線・ゴルゴ線へのヒアルロン酸注入の口コミ評判、体験談

  • すぐに効果が実感できて、今までほうれい線に悩んでいたのが嘘みたいです。痛みもダウンタイムもなかったので、翌日会社に行っても誰にも気付かれませんでした。
  • 注入直後は少し腫れている感じがしましたが、数日でおさまりました。麻酔のおかげで痛みも感じなかったし、目立っていたほうれい線のシワが消えて本当に良かったです!
  • ほうれい線に注入したついでに、余ったヒアルロン酸で眉間も上手にふくらませてもらいました。自然な仕上がりで良い感じです。経験豊富な先生だったので、安心して施術を受けられました。

事例紹介:ほうれい線でお悩みだったBさんの場合・・・

ヒアルロン酸注入を決意するまで

(44歳女性・都内在住のBさん)

私の知り合いのBさんも、ほうれい線を消すためにヒアルロン酸注入をした1人です。 Bさんは美容にはかなり熱心で、普段から化粧品やマッサージでのケアを欠かさない方です。でも、ほうれい線を完全に防ぐことは難しいと言って悩んでいました。

施術のきっかけは、同窓会のお知らせを受けたこと。あまり時間もないので、すぐに効果のわかるヒアルロン酸注入に踏み切ったそうです。

そしてヒアルロン酸注入当日

ご本人曰く、「本格的な整形は怖いけど、注射するだけで肌がふっくらしてほうれい線が消えるならいい。やってみたら10分くらいで終わっちゃったし、施術の後すぐに鏡を見たらホントにほうれい線がなくなってて感動だった!」とのこと。

施術の流れは、「カウンセリング→施術」の2ステップだけなため、とってもスピーディ。 カウンセリングでは、希望の仕上がりや不安なことをヒアリングし、医師が注入個所や薬剤の量などを決めていきます。 その後は必要ならば麻酔をし、丁寧にヒアルロン酸を注入していきます。施術後はしばらく冷やして完了。内出血がなかったのでそのままメイクをしてすぐ帰宅できたようです。

Bさんが注入したヒアルロン酸の詳細

ちなみに、Bさんは2本分(2CC)を注入したようです。 使用したヒアルロン酸は、厚生労働省に認可されている「ジュビダーム ビスタ ウルトラプラスXC」。安全性が高く、仕上がりが自然なことで知られるヒアルロン酸です。 このほか、ほうれい線改善に向いているヒアルロン酸は、中程度のシワに向くCRMジェルや世界70ヵ国で使用されている持続性が高いとされるレスチレン、ほうれい線が深い場合におすすめのバーレーンなどがあります。

Bさんの今回のヒアルロン酸注入の費用は8万円とのことですが、ほうれい線ヒアルロン酸注入の費用相場は1本だと4~6万円、2本だと8~10万円程度のようでした。40代以降の方だと、1回の施術で2~4本くらいの量を注入することが多いようです。

ヒアルロン酸注入は、「注射を打ったらすぐに効果が出る」というのがいいですよね。手術のようにダウンタイムがないので、近々同窓会を控えている・お見合いを控えているといった方も気軽に受けられます。 ただし、効果が持続するのは数か月程度なので、ほうれい線が再び目立ってきてしまった時には再施術を受ける必要があります。 Bさんも、「効果がなくなったらまた受けたい!」と言っていましたよ。

ほうれい線へのヒアルロン酸の失敗例をインタビュー

「ほうれい線が深くてずっとコンプレックスだったのですが、ネットでヒアルロン酸注入のことを知り、都内の大手美容外科で施術を受けました。 簡単だと思ってたかをくくっていたけど、いざやってみたら大失敗。 すぐに効果が出ると聞いていたのに、顔を見たら口の周りがなんだかボコボコして虫に刺されたみたいになってしまいました。先生は、『そのうち吸収されて馴染むと思います。』と言いましたが、数日経ってもボコボコは治らず…これは絶対失敗したと思いました。 諦めきれずに他のクリニックを5件くらいまわって、ようやく修正してもらえました。 私は、価格が安いという安易な理由でクリニックを決めたせいで酷い目に遭ったので、これからヒアルロン酸注入をする方は『たかがプチ整形』と思わず、しっかりクリニック選びに時間をかけて欲しいと思います。」

ヒアルロン酸注入は即効性があって魅力的な施術ですが、中にはこんな失敗談もあります。 失敗の原因は、血管など注入してはいけない部位に注入した・ヒアルロン酸製剤に不純物が混ざっていた、というケースが多いそうです。 こういった失敗を避けるためには、クリニック・医師選びをしっかり行うことが重要です。

地域別オススメ!
ヒアルロン酸注入クリニック6選

 
かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび