かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび

東京・大阪・名古屋・福岡で人気のヒアルロン酸注入クリニック比較!

お近くの地域から、行ってみたいクリニックを選んでみる

残ってしこりになる?

注入したヒアルロン酸が吸収されず残った場合、しこりになる恐れがあることを知っていますか?
ここでは、しこりの原因や解消方法についてまとめています。

ヒアルロン酸がしこりのようになる原因は?

本来であれば、注入したヒアルロン酸は半年~1年ほどで自然と体内に吸収されてなくなるものです。しかし、時間が経っても吸収されずに残って、しこりになってしまうこともあります。

しこりができる原因としては、狭い範囲に多量のヒアルロン酸を注入した場合や、肌になじみにくい硬さのヒアルロン酸を使った場合などが挙げられます。特に、鼻や涙袋など、小さく狭い範囲に多くの量を入れてしまうことがトラブル発生の元となっているそうです。

基本的には無害なので、それほど目立たないようであれば、そのままにしておいても問題はないとのこと。ですが、ごく稀に細菌に感染して腫れることもあるため、場合によっては溶解注射を使って溶かす必要もあるのだとか…。

また、固くて質の低いヒアルロン酸を使用していたり、バストアップ用として使われているものをフェイスに注入したり、他の成分が配合されているヒアルロン酸を使用したりしていると、しこりやアレルギー、でこぼこ肌などさまざまなトラブルや副作用が発生してしまう恐れがあります。

そういったトラブルを回避するためには、肌なじみがよく、100%純粋な非動物性のヒアルロン酸を使用しているクリニックを選ぶことが重要です。そして、患者さん一人ひとりに合った最適な施術を行ってくれる、経験豊富なドクターを見つけること、また大切なポイントとなります。

できてしまったしこりを解消する方法は?

ヒアルロン酸がしこりのように残ってしまっても、解消することは可能です。マッサージで柔らかくして、しこりを散らす方法や、溶解注射で溶かす方法などがあります。

注入したのが純粋なヒアルロン酸であれば、溶解注射によって元の状態に戻せるようです。しかし、ヒアルロン酸以外の成分も配合されている注入剤を使った場合は、余分な成分が肌内部に残ってしまうこともあるので注意してくださいね。

気を付けたいのが、短期間に何度もヒアルロン酸を注入しているとき。この場合、しこりとして残っているのがヒアルロン酸ではなく、線維化した周辺組織である可能性があります。線維化によるしこりは、ステロイド注射で良くなるケースが多いとのこと。

万が一、施術後にしこりなどの気になる症状がある時は、早めにクリニックへ相談してみてください。しこりの原因や状態に合わせた治療法を提案してもらえるでしょう。

 
かんたんキレイ♪ヒアルロン酸注入おすすめクリニックなび